□ビジネスシーズ交流会「認知症の人の自律&自立に向けた新たな介護モデル確立のために」

ビジネスシーズ交流会
「認知症の人の自律&自立に向けた新たな介護モデル確立のために」

 

初めての展示会 ナビゲーター

千葉大学の研究シーズと地域中小企業等の優れた技術力の融合による新事業の創出を図るため、産学連携による認知症ケア支援システムの開発を進め、「認知症の人の自律&自立に向けた新たな介護モデル」の確立を目指すコンソシアムを設立予定です。コンソシアムの目的や活動計画、技術開発分野について紹介するほか、ポスターセッションを交えた交流会を開催します。

日時

平成30年11月6日(火) 15:00~18:00

会場

三井ガーデンホテル千葉 4F「天平」
(千葉市中央区中央1-11-1)

内容

1)【講演1】「認知症介護に必要なこと」(仮)
[講師]千葉大学大学院看護学研究科 教授 諏訪 さゆり 氏

 

2)【講演2】「認知症介護現場の課題と見守り機器への要望」(仮)
[講師]社会福祉法人穏寿会 特別養護老人ホーム裕和園 副施設長 永嶋 丈晴 氏

 

3)【講演3】「認知症介護支援システムの技術研究」(仮)
[講師]千葉大学フロンティア医工学センター 教授 兪 文偉 氏

 

4)【講演4】「研究開発企業の取組み」(仮)
[講師]株式会社アイ・メデックス 代表取締役社長 市田 誠 氏

 

5)【ポスターセッション】
コンソシアムの活動に関するポスター掲出並びに意見交換、交流の場とします。

 

参加費

無料(ポスターセッション参加は2,000円)

お申込み方法

 

千葉市産業振興財団
http://www.chibashi-sangyo.or.jp/enterprise/kyoka-sosyutu/sangaku/business-seeds/renkei20181106.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください