Web講座 はじめての展示会ナビ (1)はじめに戦略ありき

目指せ展示会デビュー

 

クラフト作家、工芸家、町工場、クリエイター
小さなものづくり企業の明日を拓く
「はじめての展示会ナビ」ウェブ講座

 

「めざせ!展示会デビュー」

レッスン1
はじめに戦略ありき

 

1.展示会でできること。

展示会には、主催者の掲げるテーマに合わせて、関心の高い見込み客が大勢やってくるということです。

もちろん、立場や規模によって、程度の差や当たり外れがありますが、出展することによってあらなたお客様になりそうな人々に出会い、そこからビジネスを発展させることが、一番のメリットになります。

また、来場者に直接話せるため、新商品やサービスの価値や顧客反応を確かめたり、意見を聞いたりなど、具体性のある話し合いや意見交換、思いもよらないヒントを得ることもしばしばです。

初めから受・発注の交渉をする商談会や、マッチング会と違うのは、企業によって色々な出展目的が選べるということです。来場者に向かって自社の商品やサービスをPRすることや、見込み客リストを創るためノベルティを大量にばらまき、名刺交換客リストをつくるといったものです。

インターネットによるPRが大きなウェイトを占める時代になりましたが、「百聞は一見に如かず」です。実際に触れることのできる安心感は抜群なので、これからも販路開拓に欠かせないツールであることは間違いないでしょう。

 

2.出展目的を決めよう!

まず初めに、あなたが展示会の出展で期待していることを書き出しましょう。勉強でも、ダイエットでも効果を上げる方法は目標(ゴール)を設定することです。

展示会はお金のかかるもの。ビジネスは必ずリスクが存在します。資金や企業イメージなど失敗すると大きなダメージを負うこともあるので、成功させたいと思うなら、必ず目標は決めてからプロジェクトを始めましょう。

目指せ展示会デビュー

一般的な出展目的

1.新たな取引先になりそうな企業との接触とリストアップ
2.商品または企業ブランドイメージをPRする
2.来場者から商品のフィードバックを得る

 

3.展示テーマを決めよう!

目的を達成するために、何をすべきかを考えます。例えば新商品の発表とPRをするなら、その商品がに与えるメリットを考えます。

目指せ展示会デビュー

専門書などを読むと、いろいろな手法が書かれていますが、ここでは個人で営むクラフト作家や工芸家、小さなものづくり企業に合わせて、シンプルな考え方を紹介します。

その際、購入者や流通業者のメリットはそれぞれ違うので、BtoBやBtoCなどビジネスモデルが替わるとテーマも変わってしまうので気を付けて。

 

 

初めに戦略ありき。
展示会で成功するために、ここは絶対ハズせない部分です。

 

レッスン2「展示のコンセプトを考える」へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください