□埼玉県産学連携補助金成果発表会

「埼玉県産学連携補助金成果発表会」を開催します
~輸送用機械部品等の高性能化につながる研究開発成果を発表します~

 

内容 (ホームページより引用)

埼玉県では、全国の大学・研究機関と県内企業による革新的な産学連携の研究開発を複数年にわたり支援する取組を実施しております。

このたび、来年3月末で3年間の研究開発が終了する3件の研究開発案件についてその成果を発表します。

これは、研究開発の成果に関心をお寄せいただける企業の方との連携を新たに創出することにより、研究開発成果の事業化を通じて、社会への価値創造を図るために開催するものです。

輸送用機械その他機械の部品メーカーの皆様をはじめ、多くの製造業企業の皆様に御参加いただければ幸いです。

※ 参加申し込みは本ページ1番下の「お申込みはこちら」からお申込みください。

1.日時
2018年2月16日(水) 15時00分~17時30分

2.場所
新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室
(※JR北与野駅 徒歩1分、JRさいたま新都心駅 徒歩8分)

 

※ 各チーム30分発表、その後15分質疑応答

(1)「ドライプロセスによる超軽量CNT線材の作製」
(岡山大学など)

無添加カーボンナノチューブ(CNT)連続ヤーンの量産製造技術を初めて確立しました。
均質で表面は滑らか、高導電でカーボンファイバーと同程度以上の比強度です。
高速応答センサー材料、自動車の軽量化に資するワイヤーハーネス、モーター巻き線、電磁波シールド材用メッシュ、CNTクロスを工業化する予定です。
CNTヤーン用CNT合成技術を応用してポリマーと複合化した電磁波吸収体、高伝熱シート、高機能フィルターの作製技術を確立しました。

(2)「無電解めっきによるカーボン/金属複合体製造プロセス技術の開発」
(産業技術総合研究所など)

軽量・高強度・高剛性という特性から自動車や航空機機械部品など様々な用途で注目される炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は、一方で金属より導電性が低く、耐雷性に問題があるとされています。
そこで、CFRPの前駆体であるシート(プリプレグ)表面にめっき工程により金属膜を形成する技術を開発しました。
このプリプレグから製造したCFRPは特性を損なうことなく耐雷性が向上していることが確かめられました。

(3)「ナノカーボン樹脂セルレーション材料の創成と実用化開発」
(信州大学など)

信州大学を中心とする研究グループは、カーボンナノチューブ(CNT)を各種樹脂中に複合化する研究開発を行い、CNTを完全に解繊し立体構造制御する技術を確立し、従来にない高強度、高強靭で高耐久性の樹脂コンポジットの開発に成功しました。
この技術を炭素繊維と組合せCFRPの欠点を克服したナノ複合材料は、金属代替材料(軽量、省エネ、高機能化)として自動車部品、産業機械等への応用が期待されます。

 

主催者ホームページ

https://www.saitama-leading-edge-project.jp/news/archives/215

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください