□自社製品を起爆剤に!現状維持を脱却し、成長し続ける企業となる為に

自社製品を起爆剤に!
現状維持を脱却し、成長し続ける企業となる為に

 

初めての展示会 ナビゲーター

 

国内外の産業構造の変化により、下請受注型のみの企業体制が厳しさを増す今日。そのひとつの打開策として、「自社製品」開発による事業展開があります。
自社製品開発による戦略的事業展開について、その取組に加え、既存事業や従業員への影響、新たな顧客・協力企業との繋がりといった効果等、講師ご自身のご経験をもとにお話しいただきます。

開催概要

日 時 平成31年2月22日(金) 14:00~16:30(受付開始13:30~)
受講料 無料
会 場 東京都城南地域中小企業振興センター(大田区産業プラザPiO) 2階 東京都研修室
(東京都大田区南蒲田1-20-20)
募集人数 80名(先着順)
講 師 株式会社ラヤマパック 代表取締役社長 羅山 能弘氏
真空成形加工及び金型設計製造等を手掛ける同社の代表取締役社長に、2007年に就任。中国への進出後、自社の競争力の乏しさを課題とし、自社製品開発を端緒に戦略的事業展開を実施。同社の新たなビジネスモデルを立ち上げる。
主な内容
(予定)
羅山 能弘氏

  • 自社独自の「強み」となる、自社製品を開発する意義
  • 自社製品開発による「戦略的」事業展開における、ビジネスモデルの変化や社内外への影響 他

【開発製品紹介】卓上真空成形機
V.former(ヴイ フォーマー)

真空成形により手軽に早く立体物が作れ、部品トレイ・パッケージ試作・配送用梱包に利用される。国内大手企業や、欧米・アジア各国からの受注多数。新たな顧客開拓に繋がる。

 

東京都中小企業振興公社
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1812/0004.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください