□東京都デザイン導入支援セミナーのご案内

東京都デザイン導入支援セミナーのご案内

 

初めての展示会 ナビゲーター

東京都デザイン導入支援セミナーでは、デザインを活用して商品開発等を図ろうとする中小企業者に対して、デザインの役割や導入方法などを紹介する「デザイン導入支援セミナー」を開催しております(年4回)。今回は下記のテーマにて開催いたします。ぜひ奮ってご参加ください。

印刷用のページはこちらをご覧ください。[PDF:676KB]

開催概要

タイトル バイヤーに「買いたい!」と思わせる商品のつくり方、売り方
日 時 2018年7月30日(月) 13:30~15:30
受講料 無料
会 場 東京都産業労働局秋葉原庁舎 第一会議室
(千代田区神田佐久間町1-9)
募集人数 50名(先着順・要事前申込み)
講 師 山田 遊氏山田 遊氏
バイヤー・監修者
株式会社メソッド代表
東京都出身。南青山のIDÉE SHOPのバイヤーを経て、2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。現在、株式会社メソッド代表取締役。2013年に「別冊Discover Japan 暮らしの専門店」が、エイ出版社より発売、2014年「デザインとセンスで売れる ショップ成功のメソッド」誠文堂新光社より発売。
内 容 商品開発には、企画(創って)、生産(作って)、販売(売る)という
ステップが重要だと言われています。
このセミナーでは、バイヤーから見た「売れる商品」を分析し、
さらに売るためには何をすべきかについて考えていきます。

新しい商品を開発するとき、新たな販路が必要になります。そのときのキーマンとなるのが、バイヤーです。ユーザーとメーカー、プロダクトとショップをつなぐ「モノの目利き」として活動しているバイヤーに「買いたい」と思わせるのはどのような商品なのでしょうか。カリスマバイヤーとしてさまざまな実績を持つ講師に「売れる商品とは何か」と、展示会でバイヤーに目にとめてもらうブースのつくり方について、解説いただきます。
山田氏がプロデュースを手掛けたショップ
「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」

 

東京都中小企業振興公社
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1805/0008.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください